平成29年度にあたり

宮崎県理学療法士会 会長 中田 洋輔

一般社団法人宮崎県理学療法士会ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

本士会の日々の事業運営に於きましては、平素より深くご理解とご協力を賜り厚く御礼を申し上げます。

 

さて、社会的には2025年を目途として地域包括ケアシステムの構築にむけて国、都道府県、市町村、専門職団体、市民が同じ方向性で目指そうとしています。宮崎県におきましては「健康寿命日本一」をスローガンに、市民の皆様が健康増進そして介護予防を意識した生活環境、そしてまた障がいをもっても自立を目指した地域社会をと「自助」「互助」「共助」「公助」の基本的考えのもと、私達理学療法士は「自助」「互助」の部分にいかに医療専門職として社会的活躍できるかが期待されております。

 

今後の社会的背景を組んでの大きな枠組みとして

  1. 地域包括ケアシステムに貢献していくための人材育成

各市町村で総合支援事業が整備される中、求められるリハ専門職として「地域推進リーダー」「介護予防推進リーダー」の育成とそのスキルアップを図り各地域での多職種との連携を構築できるよう支援していきます。

  1. 理学療法を学術的・職能的に発展させていく企画運営

30年度の診療報酬、介護報酬同時改定を直前に医療の機能分化における急性期、回復期、維持期(生活期)の理学療法士の学術的知識や職能的技術がより一層求められる時代に向かい、リハビリテーション医療の充実には理学療法士一人一人の真摯な研鑽が不可欠ですので、クリニカルラダーを意図した学術職能研鑽の支援体制を目指します。

  1. リハビリテーション専門職である作業療法士会、言語聴覚士会や他の医療関連団体との協働した地域事業連携

今後、地域包括ケアシステム構築にむけて官・民の連携推進は必須です。そして地域事業へのリハビリテーション専門職の活用は期待されていますので県、市町村をはじめ多職種団体との連携を密にして理学療法士会の役割が熟知されるよう精一杯活動します。

 

宮崎県理学療法士会は今後も執行部ならびに会員一同、県民の方々の医療・保健・福祉の向上に微力ながら支援させて頂き更に士会活動の発展を目指して参りたいと存じますので、今後ともご理解、ご教授を賜りますよう心からお願い申し上げ挨拶とさせて頂きます。

 

一般社団法人 宮崎県理学療法士会
会長 中田 洋輔

 

 

組織概要 ・ アクセスマップ